バイクの免許を取得するまでの流れ

二輪の免許取得方法

バイクの免許取得まで

バイク(二輪車)の免許には7種類の免許があり、種類によって取得方法が異なります。 原付免許(原動機付自転車免許)、小型免許(小型限定普通二輪免許)、普通2輪免許、大型2輪免許、AT限定小型免許(小型限定普通二輪免許オートマ限定)、AT限定普通二輪小型限定免許、AT限定大型2輪免許の7種類があります。

7種類あるバイクの免許

誰もが一度は憧れるバイク=二輪車。
車とは違い、風を切って走る姿は涼しげでもありますよね。
二輪車の運転に必要な免許の多くが、16歳から取得することができ、大型二輪免許のみ、取得できる年齢が18歳からとなります。
「高校生になったから、バイクの免許を取りたい」、「ずっと乗ってみたかったバイクの免許を取ってみたい」などの憧れから免許取得を希望する方もいるかと思います。
また、公共交通機関がないなどの居住地域の利便性を考慮しての免許取得を希望している方や、アルバイトや仕事に必要だったりと、バイクの免許取得が必須の方もいるのではないでしょうか?
そして、一番小回りが利いて便利なバイクは、日常生活に、旅行にと、年齢を問わずに便利で役立つ乗り物でもありますよね。
自分の乗るであろうバイクに必要な免許をしっかり確認し、後々後悔することのないよう、無駄のないバイク免許取得を目指しましょう。
いわゆる原付二輪車、他にも原チャリやスクーター、ミニバイクなどの呼ばれ方をする、街乗りで使うような小型バイクを想定している場合は、AT車限定の免許でも問題がありません。
しかし、本格的にバイクを楽しみたい方、レーサータイプやスポーツタイプなどのバイク購入を考えている方の場合は、MT車も運転できる免許、そして中型免許以上の免許取得が必要になってきます。
どの免許を取得する場合も、安全運転のためにも、しっかり教習を受け、知識と技能を身につけ、試験に合格することが必要となります。

免許取得に必要な年齢

7種類あるバイクの免許ですが、それぞれの免許には取得可能な年齢が設定されています。 16歳から原付免許が取得できることは、広く知られているのではないでしょうか? ここではバイクの免許を手に入れる際の必須年齢や取得までの流れをご紹介します。検討中の方はぜひご参考下さい。

バイクの免許を取得するために

二輪車の免許を獲得する方法は2つです。 1つめは、自動車教習所に通って取得する、ポピュラーな方法。 2つめは、自動車教習所には通わずに、試験場で受験する方法 原付免許以外の免許取得を考えている場合は、教習所へ通い、免許取得を目指すのが最も確実な方法となるでしょう。