二輪の免許取得方法

>

バイクの免許取得まで

AT限定免許とMT免許

AT(オートマ)とMT(マニュアル)の違いは、運転時のクラッチ操作の有無。
MT車は、運転者がクラッチの操作とギアチェンジがカギになります。
対して、AT車の場合は、クラッチは自動遠心クラッチによる自動化、ギアチェンジは無段変速装置による自動化がなされているため、運転者がそれぞれの操作をする必要はありません。
AT車は、簡単な操作で気軽に運転ができるため、街乗りでの免許取得を前提としている場合などに人気です。
しかし、趣味としてバイクに乗る場合、本格的なバイクに乗る場合などは、MT車も乗れる免許を取得する場合がほとんどかと思います。
また、免許の取得のしやすさを見た場合は、AT免許の方がMT免許よりも、免許取得にかかる日数も少なく、費用も安くすみます。
後からAT免許をMT免許にすることもできますので、今すぐMT免許の必要性を感じない方は、まず気軽に取得できるAT免許を取るのもいいかもしれません。

MT免許取得は難しい?

車やバイクの免許取得を考えたことのある方が、誰でも一度は聞いたことのあるのが、MT免許取得の難易度ではないでしょうか?
難しいと言われるのは、クラッチの操作やシフトの操作が背景にあるため。
両手両足で色々な操作を必要とされるため、慣れるまでには確かに戸惑うことも多いかもしれません。
実際に、AT限定免許に比べると、MT免許にかかる教習時限数は多いため、免許取得への日数も費用も増えます。
しかし、MT免許を取得すると、乗ることができる車種も圧倒的に増えますし、こまめにギアを変えることができるため、燃費アップ=費用を節約できるなどの利点もあります。
しっかりと講習を受け、頭と体で運転を覚えて行けば、問題なくMT免許を取得できるはずです。


この記事をシェアする